青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

精神

純粋な祈り

神は いないと考えるとき 神は いないのだとおもう時 わたしは もしも神がいるのであればもしも いるのであれば どうぞ神よ 神よ どうぞ あなたが健やかでしあわせでありますように と 祈るのです ただただ 恩恵を受けるための願いを むける相手がいないのだ…

そうでなければ

力とは 何だろうか 人の持つ 力とは何だろうか ちからは 私たちを救うのかまっすぐに見る 私たちの頬を張るのか 力を得て変わるものがあるとき その力が愛とは無関係であったなら 一体 力とは何なのだろうか 優しさと無関係であったなら 一体 力とは何だろう…

底の話し

抑圧されつづける仮面たちはそれは実は仮面ではなく 真実の顔面だと言うが いつの間にか真実の顔面は仮面に乗っ取られ深く抑圧されさらにそれにさえ気づかない 真実の顔面の思考も声も 深い抑圧された底にあってはもうどこにも救いあげられない いま気づかな…

奥行きという存在

すべて なにもかもぜんぶが ひかりであかるくみえていることに つかれたりもして あまりよくみえないっていうのも あっていいよなぁと 奥ゆきの影の感触と湿度と 見えない領域はひつようだよ 光と影との境い目 陰の縁 明るみの物質の縁は 陰の縁 奥行きにと…

シュティフターの世界

先日、髪を切りに街に行ったかえりに 久しぶりに図書館に寄りました。 すごく、かなり、久しぶりです。 何かしっかりとした目的があったわけではなく 読みたいなと思っていた本を探してみること に。 シュティフター アーダルベルト・シュティフター チェコ…

『AIR BRUSHING DAY!』

本日6月19日 最終日 (10時~16時30分迄) エアー・ブラシの日! 《 坂本智史 と キスカヤ・ケニー 深潭を描く 》 昨日は、八戸市の画家 坂本智史氏と、現在は三沢市に在住の キスカヤ・ケニー氏 / Kisskaya Kenny の二人展を見てきました。 ー AIR BRUSHING…

ある時の記録

9 /24 青い夜のはじまりにぴんくの花びらが瞼をとじる 9 /25 夕方 月だよ 月! 9 /25 夜 きょうは朝からひどくお腹ゆるいお腹が・・・お腹が ... なんだろうなんでこうなったかな水?爪? 夕飯はみんな一緒だったし朝も特に・・・ 身体とかお腹冷えたにしてはひど…

救う道

救う夜の道は 乾いて 洞窟の向こう側の明かりは 向こう側ではなく ここ に今 存在して 洞窟の夜に響く精霊の声を さらに明らかに聴き受けようと振り返れば こちらを見ているじぶんと鼻先で向かい合う 正面に立つ 微かに青みを帯びたその じぶんの中を通り抜…

Release

鳥が見える頃 ライムの日差しの日 ようやく鳥が見えるようになったと ソーダ水のそそがれたグラスの内がわに 弾けるためにのぼる泡の 一つひとつに鳥を見る のぼって弾けて 鳥が 鳥が鳥が鳥が 羽ばたく ・。* ・。*

赤とともに

この時期に完成させるものはどれも 夕立や 嵐や稲妻や雨上がりの湿度や 強風で揺さぶられる草木や 極端な高速度で流れてゆく雲や 突然の雹や虹や冷たい風のようになっていて とても 穏やかな光やあたたかい愛や芳香には ほど遠い 私の内側の 白紙が目立つ書…

薔薇の見かた

薔薇の花びらの縁 奥行きとの境 その奥行きにつながる 曲線 Edge of the petal of the rose. Boundary with the depth. The curve. ・。* ・。*

神はいない

神はいない と想うとき 湧き出でるのは いない神への 神よ あなたがどうか幸せでありますように という ただ その祈りだけでした 神はいない と想うときの神への祈りほど 純粋な神への思いはないようで 当然のことでありますが ・。* ※シモーヌ・ヴェーユの…

巡 礼

ほんとう とはいったい なんだろうか ほんとうはずっと考えていたのに まるで今 ふと思いついたように口にしてみて それで いったいその ほんとうというものは どれぐらいあるのかと 思いを糸で繋いで飛ばしてみたら どこにも行かなかった ・。* Copyright …

Image の巣穴をつくる Ⅲ

下北半島へのびる「首」のあたりに位置する 横浜町の 菜の花畑(菜の花迷路の中より撮影)ー 菜の花と風太くんたち また少し、Imageの巣穴の材料が集まってきて、まんべんなく 目を通し始めたので、このシリーズの第三弾をあげておこうかと。 最近、側におい…

りゆう

とべよ とべよ というのです この日の つよおい風でないと ゆけないところがあるのです ほんとうは いつでもゆけるはずですが こころの こころの中はじゆうなのだから いつでもゆけるはずですが つよおい風のりゆうで せなかおされて それで ようやっと ・。…

愛 せ よ

憂うな 憂うな 愛せよ 愛せよ インド洋の島に生息していたドードー鳥 のんびりやで人を怖れることもしなかったため 発見されてから100年ほどで絶滅 もうひとつの場所 作者: 清川あさみ 出版社/メーカー: リトル・モア 発売日: 2011/06/27 メディア: ハードカ…

創造 の背景についての考え

先日 このブログにUPした『重要な問い』という詩。 人類の原子力発明と核の使用、または素晴らしい発明が武器開発に 変貌した、というのが背景の詩でした。 もっと直接的にすると、読む人の大部分に伝わることになるのだろうと なんども考えていました。 …

Image の巣穴をつくる Ⅱ

この時期に今 私をかこんでいる書籍。内なる Imageの巣穴の構築の ために。今回は「詩」です。 まずは、 イタリアの詩人たち 新装版 作者: 須賀敦子 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2013/10/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 須賀敦子さん…

Image の巣穴をつくる Ⅰ

ここ10日程、イメージの世界も言葉の世界もグレイッシュアイボリーな 空間となり、何も湧いてきはしないのでした。 写真を撮るばかりで。どうにも内側の世界が広く色味なく感じるのでした。 今、とりかかる必要があること(絵を描く)が先決であるから、き…

幻想の技術 (生きてゆく私への抱擁)

ワイングラスが高らかにあたる音 乾杯の 賑やかなざわめき 笑いとお喋りの仮面の 髪を緩やかに結った 苔緑色のクラシカルなドレスのご婦人が奏でる ピアノの 壁さえ話を華やかにする 対の白鯨の絵画の 時代が混在する空間 切り取られた一枚の ・。* Copyrig…

N o t e

ときおり 夢のなかで 誰かが詩をヨンデイルことがある うたた寝の時に限る 詩が聴こえる時 または Imageが 区切られた言葉の 連続 とともに流れるとき まるで水中のような空間でまどろむ意識を 揺さぶり起こして 脳とノートに記憶する ヨンデイルのは !誰だ…

 Secret forest

森が 私たちの中にあるって ときどき私たちのからだの殆どすべてが 大きな水晶玉みたいになって そこに宇宙が見えるときもあるけれど だけど その水晶玉のあるところと 同じような位置に(正確にはちがう位置に) 森があるのよ 魔法の そこにね 私たちが使え…

 落葉樹

たとえば ひとつの木に 花しかついていない ひとつの木に 実しかついていない このしばらくの期間は わたくしたちを 現実とは 夢にすぎないのか という 真実への気づきに導いてくれる 貴重な時にちがいない ・。*

オムラームの 『 生命の言葉 365 』より

すでに地球の、オムラームとしての生を終えた方ですが オムラーム・ミカエル・アイバノフ Omraam Mikhaёl Aivanhov (1900-1986) 「哲学者で精神的世界(スピリチュアリズム)のマスター。 1937にフランスに移住、終生そこで人々に教えを説いてきた。 その教えの…

観 察

観察すれば 魂 の在り処を 魂の なかみを 魂の形 を それは 書物でもなく 写真アルバムでもなく ただ発光する火花だと わかる だろう ・。*

合 図

深く 深く沈み込むような どこまでも染み込み浮かびあがりはしないような赤味ある紫に 見開いた目を通り越し内宇宙に到達するロイヤルブルーの重なりを見ていました どうやら どうやら とうとう その時なようです 果たして 掻き分けた先に光は ・*。