読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

在 る

 

   この向こうに
   在るもの

   しかしよく理解できます

   この向こうに在る
   本質の輝き 愛と そして英知を
   “香しい” 魅惑の闇の絵画で
   隠しておいて

   隠したことをわすれ
   在る ことを否定するのかを

 

   f:id:kemikotta:20150218163732j:plain

 

   香ばしいナッツ 
   芳醇な洋酒 
   クランベリーの酸味
   こっくりとしたチョコレートの甘味 
   微かな苦み

   闇は 稀に見る高度な
   自己憐憫と無変化の繰り返しの罠

 

   f:id:kemikotta:20150224021507j:plain

 

   実際は風が吹けば揺れる
    薄いシーツ
   極僅かにもれる 光を頼りに
    シーツ
   闇のシーツのこちらがわにひっぱりだしたなら
   無変化と怖れの旨味が
   本物のグルメではなかったのだと
   知らされるでしょう

   **゜・

 

  f:id:kemikotta:20150224021549j:plain

 

 

                   Copyright © 2015 Mihoko Yokojima