読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

詩集 『 その人の唇を襲った火は 』

 

この午後は インドネシア アラビカ種のデワタコーヒー

確かに、ナッツやフルーツを混ぜ込んだチョコレートバーのような ぎっしりした満足感。

酸味苦味はちょうどバランス。

 

 

   今は丁寧に読んでいるこの詩集の最初の章

 “JESUS LOVES ME”のを読み終えだところで

「夢だ! まるで、いや、まさに!」という (((揺さぶり))) の辺りを歩いています。

 

帯記載 ー野村喜和夫  跋 よりー

「他者からの呼びかけ、他者への応答、動物のアニマ、

そうしたものが高地でまじりあい、鳥の声へと生成変化してゆくプロセス、

それがこの詩集の核心へといたる書記の線であるといえる。」

 

小島きみ子詩集『その人の唇を襲った火は』 /洪水企画 (2011年発行)

・。

f:id:kemikotta:20150225152131j:plain