読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

ときに香りたい (でも猫へのアロマはno!)

Life 香水

 

   そろそろ暖かい日がつづくようになってきて

  道を歩けば 植物の香りがふんふんとするようになってきて

  体温的にも変化がでてきて

  香りを纏いたいという気持ちが湧いてきつつあります

  

  あまり「香水」をつけることなくきた人生で(※酔いやすい)

  なのに昨年は急に、香りたくなったのです。

  年齢的にも、これは!と思う香りを 2,3は持ちたいものだと

  思い、あれこれと少量で購入して試していました。

  こちらの JELLYさんでいつもお願いしています。

   

   

www.ko-sui.jp

  

  香りは体温で変化するので、つける季節によるのですが

  秋のはじめ辺りが最も素晴らしい香りの変化と 立ち上りを

  感じることができたように思います。

  冬は逆に、私は体の表面の温度があまり高くない(湿度もない)

  ので、変化がほとんどなく、トップがそのまま続いたり、ミドルで

  終わってしまったりして、酔いやすいです。

  夏は香りによっては甘くなりすぎて具合わるくなったりするので

  (実は香水あわないだろ、とお思いでしょうが)やはり

  今ぐらいから初夏まで、と、秋ぐらいですね。

 

   これまで10と少し、試してみましたが、わかったことは

  私は、白檀が苦手。シプレー、ウッディ、スパイスも苦手(!!)

  どうする私。

  ですが、ウッディは、例えばヒバ油とか、ヒノキ油とか

  そういうのはとてもいいな~と思うんです。

  香水として使われていると、ウッディは少しだけつらいみたいです。

  

 

  好きだったのは、ゲランのシャマード(秋使用 最高!)

  フランソワ-ズ・サガンの『熱い恋』がモデルとなった香水ですが

  素晴らしい変化!最後には「消えてしまわないで」という懇願!

  ランスタン ド ゲランも、甘いけど、良かったです。

  ルールブルーは、つらかったです。

 

  

  それから、アニック・グタールの、オード・シエル。

  これは人によってはかなり辛いようですが、私にとっては

  まるで夢のような香りでした。絶版になったと聞いたのですが

  これはボトルでほしい!と思いました。

  なぜか、纏ってからしばらくすると、ある瞬間

  「干したての布団にダイブする」瞬間があるんです。お日様の香り。

  夢?今のは何?という。

 

  アニックでは、オード・シャルロットも好きです。

  香りの特徴としては、ロクシタンのシアーハンドクリームです☆

  コスメでは、アメリカのバーツビーズのコスメが大丈夫な私なので

  そうでない方は、つらいかもしれません。
 

    アニックグタール || 香水専門店 JELLY ||

 

  ちなみに、アニックの、モン・パルファン・シェリ・パイ・カミーユ

  マンドラゴール、ニュイエトワーレは、私にはつらかったです。

 

   ジャン・パトゥの 1000 ミル EDP は

  だめと思いつつ一度は試してみたい、と、挑戦して見ましたが

  意外にも大丈夫でした。柔らかくふかふかしていました。

  普通には使えない香りかもしれないですが、素敵でした。

 

   そして、ジョーマローンです。

  3種、試してみました。

  アイリス&レディムーア、フレンチライム・ブロッサム、レッドローズ。

  どれも素敵でした!特にレッドローズの薔薇はすごくよかったです!

  ジョーマローンは、おもしろいので、他にも試してみたい♪

 

   次に試してみようと思っているのは

   アニックの、シェブレフォイユです。やっと入荷したの見かけたので☆

 

  ・。*

    f:id:kemikotta:20150415170806j:plain

 

   実は私の娘7歳も、かなり酔いやすく、現在 車酔い全盛期です。

   さらに、鼻がよく利くようで、私のコスメ(クリーム)の匂いに

   酔うらしく・・・側を通ると自分の鼻をつまんでいます。

   ですので、香水をつけると実はけっこうたいへんです。

   娘が大丈夫だったのは、ゲランのシャマードと、ジャンパトゥ1000ミル

   そして薔薇系はほぼ大丈夫みたい。

   それから、うちには猫が3匹同居しており、1匹は相当センシティブ

   特に純粋に近いものには反応が早く、反応が大きいのです。

   これまでは精油をよく使っていたのですが、その1匹の精油(植物と

   化学成分か)アレルギーが高まったようで、体調をひどくくずしました。

   ほんの少し、そっと精油の瓶の蓋をあけただけで、離れたところにいても

   嘔吐や体の痒みなどがでてしまうのです。

   ということもあり、香りのある暮らしをやめていました。

   けれど、休日などに、一日のかなりの時間を外出する場合に限って

   香水などを(香水と言っても基本はオーデトワレかオーデパルファン)

   使うようにしてみたら、どうやらその1匹も大丈夫のようでした。

   出かける直前につけて、香りがラストあたりに帰宅する感じで。

   感受性の高い方々との暮らしは気使いが必要ですね。

 

   ※猫は植物の成分を分解する酵素をつくることができない動物です。

    完全肉食の生き物なのです。猫への精油(アロマ)使用は命に関わる

    ことがあるため、要注意です。

             参考 http://www.animalaromatherapy.jp/ (日本アニマルアロマセラピー協会)

   『猫から飼い主への手紙』>>> http://www.animalaromatherapy.jp/book.html

 

・。*