読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

重要な問い

夢の空間 現代詩

 

 

    積み上げられていたタオル

    積み上げられて崩されたクッション

     (バベルの塔で何が)

    どこから現れ消えたか テーブルに大洪水をもたらした出来事

    (では水流はどこからどこへ )

    残された波乱の跡から意識が「遡る」なら

    喜びの 遊びの 歓喜の体験の跡と知る

 

・。*

f:id:kemikotta:20150417084907j:plain

 

 

    結果だけでは 混乱のようであっても 混乱は出来事そのもののことではなく

    いまここにおいて「私」が跡を混乱と認め混乱している のです

     (なんとひどい有様!誰がこんなに散らかして汚したの!)

    しかし 跡 から「遡れば」

    ミニチュアロケットを空に放つ 遊びと楽しみのパーティー開催を見る

    遡れば

 

    混乱と悲しみと憎しみの跡か

    喜びと楽しさのパーティーの跡か

    遡らなくてはわからない現状の混乱を見るとき もしやそれが

    喜びと楽しさの出来事の「偶然」の結果なら

    赦しは可能か

    今ここで混乱の跡を見つめる「私」への 大して重要ではない 問い 

 

・。*

  

     f:id:kemikotta:20150417085708j:plain

 

 

                Copyright © 2015 Mihoko Yokojima