読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

そこに私はいたか

写真詩 記憶の空間 青の空間

 

 

 

    記憶だろうか 幻想だろうか

    走るのだ

    土を踏んで土を蹴って  

    緑を分けて緑をちぎって

    走るのだ

    顎を引き歯でくいしばって

    顎を上げ空から風を皮膚にすべらして 走るのだ 

    いつの記憶

    幻想か

    望みか 再会か 過去に見せかけた 今か 

 

    草の青い中を

    全力で走る こどもの私のイメージが

    ずっと私を離さないでいて

    私のイメージの空間が

    内側の世界から増幅してそれは現在において進行中

    風がイメージの中(記憶なのか想像なのか幻想なのか)の

    私の髪を通り抜けて

    ザッ という 強い圧とともに上昇する

    草の青い匂いも巻き上げる

 

 ・。*  .

   f:id:kemikotta:20150512145413j:plain

 

 

            Copyright © 2015 Mihoko Yokojima