読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

秋というのは


 

   8月29日の『Songs』(NHK)は

   「井上陽水」でした。

   

   このとき最初から番組をみたわけではなくて、途中で気づき

   見始めたら「シルエットロマンス」。

   若い頃から知っていた曲でしたが、はじめてちゃんと聴いた

   という感じがして

     (内容が私と同じ形・同じ大きさで私に重なった)

   ようやく、45にして この曲が “ わかった ” のでした。 

   ものすごくそう感じて、身体が熱くなり 放心でした。

 

   こちら↓は、その曲が入ったカバーアルバムの紹介みたいなもの

   なので、曲は少し流れているだけですけど、雰囲気は伝わるかな

 


井上陽水 - シルエット・ロマンス - 『UNITED COVER 2』 - YouTube

 

 

 

 

   この曲って、男性が歌うほうが入ってくる感じがあります

   大橋純子さんでヒットしましたが、男の人の声で歌うと

   共感とかではない何か、熱 がうまれるようで。

   

   来生たかおさんのも素敵ですが

   やはり、井上陽水さんの歌うシルエットロマンスは

   男と女の中間ぐらいの重なりで、どうしてかこんなにこの歌を

   体の中でわかるように思うんだろう という風なのでした。

   

   もう一度 聴くには どうすれば・。*

 


来生たかお - シルエット ロマンス - YouTube

 

 

 

 

 

・。*

 

  娘がお世話していたかわいいザリガニは、まだ帰ってきません。

  学校で、小さな小さなsuisouで、皆で並んでいるはずですが

  ザリガニというのは、昆虫などと同じように、集合意識の生き物

  なんでしょうか。

  とか。