読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

水 の場所

奥行きの空間 写真詩


青碧のドレス

陶器のようなすべらかな肌に

パールの粉が時折り微かに

光を反射させる



草葉の水滴に

丸みのある鳴き声とともに

カッコウが限りなく転写されてゆく森の

その濡れる葉を踏みしめるたびに

彼女の足もとから解放される

水滴の中のカッコウの影



゚ . * *



f:id:kemikotta:20160605114956j:plain


.゜*


すべては 個人の空間世界 でありながら
あらゆる 何もかもと かさなっている