読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

3匹で描いてみた〆(・ω・。)

Life つぶやき アート art



      f:id:kemikotta:20160715094904j:image

  夜空流れる3匹のThank Youネコ
  (60秒イラスト)




    ふやしてみただけですが
    なんとなく、
    あったかい気持ちに゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚








  そうそう、それで

  私は、娘が小学1年のころから、彼女が四つ切の
  大きな絵を描くときには必ず、話し合ってきたことがあり
  それは

  「なんのために描くのか」「どうしてそれを描くのか」
  
  なのですが。

  なぜなら、そうすると必ず大きな山を越えて、
  絵を完成させることができるからです。


  6歳や7歳に、四つ切の画用紙はあまりに広い世界で
  何をどうやって描こうか、よりもだいじなことは
  「どうして、それを」描くのか、という強い思いだと感じるからです。

  娘は途中で、かなり手を抜いたり、パレットの絵具をきれいに
  使いきることなどに気持ちが移って、画用紙にはカスカスの
  筆のあとがついていたりしていました。

  だけど、思い出してごらん、この絵はなんのために描くのだったか
  どうして描こうと思ったのだったか

  そうすると、娘は、今までのがやはり手抜きでしたとばかりに
  猛然と取りくみ、パッと驚くような絵になってゆくのです。



  なんで急にそんなことを、かと言うと
  Twitterで、


  という言葉をきいて
  そうだそうだ、と私は自分が感じていたことは、たしかに
  自分で、納得していたものの、独りよがりかも、とも思うこともあったので
  この言葉で、そんなに間違いではなかったかも、良かった(安堵)
  と、なったわけです(*´ω`*)タハ





 

          f:id:kemikotta:20160715100930j:image


  でも、夜空を流れるThank Youネコには
  そんなに強い思いはありません(ФωФ)




だば
・。*