読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

からだは慣れるもの

Life つぶやき 土の世界

        


        f:id:kemikotta:20160719181120j:image
        チビ  5才    ガブガブ乙女


  北東北の大平洋に面した、イカとホタテとホヤの街
  人口23万都市  八戸


  ここが、
  紀伊半島  熊野の海辺の温暖な土地(三重と和歌山の県境辺り)
  で生まれ育った私が嫁いだ土地であります。

  熊野で18年、東京で約15年、そして八戸で12年を過ごしてきました。
  だいたい、それぞれの土地で、平均的なバランスの年数。

  熊野に帰ると、方言はすでに3種が入り交じり無茶苦茶な感じ。



    f:id:kemikotta:20160719183230j:image
      クロ  10才  純粋で好奇心旺盛な太った男子



  八戸は、ヤマセの影響か、割りといつでも風があり
  年中、特有の強い空気の乾燥があります。
  冬も 雪も少なく、そのため雪が降りだすまでの期間は、すごく
  冷たいです。
  寒いとかじゃなく、とにかく冷たい。
 
  水分は瞬く間に凍り、道路は強く凍結。
  人々は滑って転倒し、毎年 少なくない人数の人が骨折。
  車は氷でできたワダチにはまりこみ、そこらいら中の交差点で
  あっち向いたり、こっち向いたりして停止。
  
  さらに肌は 阿呆みたい に乾燥します。
  
  なのに、古い家屋は特に寒冷地仕様になってはおらず
  冬に地面の中の水分が凍り土が膨張。
  家屋は若干 持ち上げられる。
(セメントはわからないが、古いアスファルトも持ち上がることが)
  雪解けとともに、土の中の水分が融けて地面が下がる。家もさがる。

  毎年これを繰り返しているうちに、家屋に歪みが生じて、閉まらないドアがでてくる。

  しかも、勝手口とかのドアがしまらなくなり、約1㎝のスキマができる。

  家の重みで、閉まらないドアは、開かないドアにもなる。
  真冬に強いすきま風がビュンビュン入ってくる。

  私はヒッシで段ボールを小さく切ったものを詰めて応急処置。

  しかし家主である 夫の母は言う。
「いやいや、こっちの部屋は寒いねぇ
  ┐(´д`)┌ 
  どこか開いたままになってるんでないの?」

  
  ええ!
  開いたままになってるんですけども!

  夫も言う。
  「さぶ!ι(`ロ´)ノこの部屋、どっか開いてんだろ!」


  もちろんですけど
  開いてるんだけど  ( ´,_ゝ`)   


  なんで知らない。二人とも。
  長年暮らしてる自分たちの家なのにー

  



      ( ゚д゚)ハッ!

  何を書こうとしていたんだろう。
  いつのまにか、グチが・・・・・・


  そうそう、気候や気温に慣れた、という話しでした(*´∀`)

  
  はじめて来たときは夏でした。
  
  東京の地獄のような夏を何年も過ごしてきた私は、この家の
  日差し降り注ぐソファで気持ちよく うたた寝しました。

  街にでると、晴天ながら肌寒く、長袖をきていたのですが
  街をあるく女性たちは皆、ノースリーブでスカートやショートパンツ。

  「あぁ、やっぱり夏だから、無理してオシャレ頑張ってるんだなー」
  なんて思っていたのです。


  しかし、3年も経つとわかりました。
  オシャレ頑張ってたんじゃなくて、本当に暑かったんだ彼らは、と。


  慣れてしまった体で今から東京や大阪や名古屋では
  暮らせないなー

  と、昨夜の夕飯時に、寒がりで熱がりな夫と、話してました。



        f:id:kemikotta:20160719191331j:image
        ミケ  11才   sensitiveな お嬢様


  八戸市の小学校の夏やすみは、7月22日から8月22日まで。
  
  ことしも熊野に、3本乗り換えで、9時間かけて
  娘と二人で里帰りします。


  これまでで一番つらい里帰りは、
  ①やはり娘が1歳半の時(3時間泣き通し)
  
  ②2歳半の時
(➡病み上りで娘が、新幹線のシートと 抱っこ中の私の肩に嘔吐。
  ドア付近で床にも落ちた嘔吐物を拭くたびに○号車の自動ドアが開き
  一番近い席のスーツの男性と目が合い、その度に会釈するという試練)

  ③4歳半頃、私の祖母の葬儀で里帰り
(すでに5月に里帰りが終了していたが、急きょ8月に里がえり。
  娘が極度に乗り物酔いで、泣く泣く。最終的に南紀特急の車内の床に
  完全に手足をのばしてうつ伏せに寝転がり、大泣き。
  沢山の人に気の毒な目で見られる試練)


以上、上位3位でした




        f:id:kemikotta:20160719194122j:image
        ちなみに⬆

  娘8歳が 集英社の 少女漫画雑誌りぼん の懸賞に応募して
  当選しました(* ̄∇ ̄)ノ☆イェイ



  最後までおつきあいくださり
  ありがとうございました( ´,_ゝ`)




        f:id:kemikotta:20160719194050j:image
             ガブ


・.*