青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

新たな意識で 2018


      f:id:kemikotta:20180101162439j:image

 

    2018年です☆゜

 

    娘っこは、もうじき10歳になります。

  わたしは、48歳になりました。

  不思議です。

  48歳になった わたしの中身は、38歳の頃の私とちっとも変わりません。

  33歳のころの私とも、28歳のころの私とも

  かわりません。

(中のひとは かわらないままだ)

 

    23歳のあの暗い青色のときの私とも

  かわらず、のままです。

 

    まだ父母が健在だからでしょうか

  だからまだ、変わらないんでしょうか。

 

    体にはっきりと老いを突きつけられていないから、まだ変わらないんでしょうか。

 

    このままだと、

  中身は永遠に変わらないでいることになる。

 

    このままだと、

  年をとるとは

  「なんだかやたらと遠くへ来てしまったなぁ」

  と、そういう感じなものになるということに。

 

    わたしの中身は、迷える子ども、のままで

  決断して決断を取り消す子どものままで

  決断らしい決断をせずに勢い走りだし悔やむ子どものままで

  何かまだ、未来に希望と時間があると、わざわざ考えないがそう認めている子どものまま

 

なのです。

 

    わたしの時間はもしかしたら、明日おわるかもしれないので

  悔い のこさぬよう

  暮らすのだぞ、と、意識するように、と

  2018年を  はじめました。

 

    やろう   やろう  描こう  

    とにかく、やろう

 

 

  
      f:id:kemikotta:20180102003423j:image

   自撮り  

  #happybirthday

  #誕生日  #48yearsold