青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

『 ■■■ ■■ 』


       f:id:kemikotta:20191016131123j:image

 

    真っ黒な  漆黒の空も
    真っ黒な  漆黒の海も
    どちらも

    どんなにそれが黒いのか
    ほんとうに知っている人はなかなかいないのですから

 

    ほんとうに知っている人は
    それが実のところ
    黒くはないことを知っている

    のだろうと 私は想うのです

 

 

    雨に濡れた駐車場のアスファルト
    新月の夜の空とも
    その下の漆黒の海とも
    区別なく まるで
    世界は漆黒なようだと

 

    ただ1つの街灯の
    滲んだ明かりはのぞいて

 

    漆黒は
    ただ世界を映したにすぎないのですから
    私たちは漆黒の黒のほんとうが
    黒ではないかもしれないと

    口にしても良いのです

 

    それでも真っ黒というのは
    思い切ってみると
    実に気持ちの良いもので

    一度、そんな風に
    まるで下に何があるのか分からないほどに
    真っ黒に塗り込めたとき
    黒が、漆黒が
    たいへん美しく
    ドキリとするほどなのです

    なぜなら

    黒で隠れた色の想像をやめてしまう前提で言うならば

    楽になるからですよ 

 

    黒はひじょうに美しい色で
    魅惑的で
    誘惑的で、
    あらゆる色を内包し
    ナーバスで恐ろしく
    あらゆるものを隠し

    そうかと思えば露にし
    さらに際立たせるのです

 

    ほんとうの黒を 漆黒を
    侮ってはならないと知っているあなたは今すぐ

    後ろを振り返ってみるとよいのですよ 瞬間的に

    その影をのがさないように

 

 

    ■■■ ■■