青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

「モモ」37年前と今


        f:id:kemikotta:20191105184445j:image

 

      娘の小学校で毎年実施されている「親子ふれあい読書週間(一週間)」

    今年のが、今日で終わりましたよ📚 読む本は各家庭で決めます。

    
    今回は  エンデの「モモ」にしました。
    しかも1988年版なので、以前の言葉使いのままで、

    娘には説明が必要な箇所が、そこそこありました。。
    しかし懐かしかったです🌿 

 

      昨年は選んだのは「花になった子どもたち」
        f:id:kemikotta:20191105184612j:image

      ジャネット・テーラーライル 著/ 市川里美 画

    子どもの内面世界、大人たちの思惑や気持ち、

    花になった子どもたちは誰で、

    呪いを解いて 花になった子どもたちを救いだすのは誰か。

    表紙の美しさはもちろん!

    挿し絵がとても素敵で、胸高鳴る。 


         f:id:kemikotta:20191105184634j:image


        f:id:kemikotta:20191105184703j:image

        

      娘の最近ですが、なんとか やれてるようです。

    6年生という微妙な、単純にはいかない年齢でもあり、

    友だちとの複雑な関係や、気持ちなど、なかなか今までのようには

    親にも話しにくくなってきているか。

    それでも うちは、余所にくらべて、かなり話す方みたいですが。

 

      今回、30年以上ぶりに「モモ」を読んで思ったのは、

    一度通りすぎた年代は「通りすぎた」んだな、ということでした。

    子ども時代に読んだ本への感想や、読んでいた時のあの感覚は

    丸い空気風船のなかに有り続けているけども、風船をほどいても

    割っても、あの感覚や感想自体は、体験できないんだな、と。

 

    だとしたら、子どもの頃に読んだ本や、走って抜けた背の高い草むらの道は

    そのまま風船にしとく、でもいいかな、とか。

 

 

      「モモ」は今回、あまり本を読まない娘にも特別な体験をくれたようでした。

    30年以上ぶりに読んだ私には......

    現実が進む方向が、変わってはいないのかな、という感覚。

    子どものわたしは「モモ」を読んだのに。

    

    娘は読みながら「これ、今の事だよね!」と言います。

    「そうだね」

(「ママが子どもの頃にも今だったけど...」) ンッググ

 

      長い時間かけてそうなった事から脱却するには、

    同じ時間以上の時間がかかる、と言われますからね。

 

    環境問題、LGBTブラック企業、差別問題など周知されてきたし、

    体質も改善に少しずつでも向かい始めたし、......

 

      色々と  考えていました☆゜

 

      「ほんとうの空色」(バラージュ作)

    という子ども向けの本があるのですが

    子ども時代に、とても好きだった記憶があり、偶然みつけて

    買って読んでみました。

 

    それで分かったのは、やはり、子ども時代というのは、囲いの中の

    抑圧された、逃げ場のない環境にあるのだな、ということでした。

 

 

      だから、私たち“子ども”は、物語や絵など、そこの中に奥行きを造り

    そのまま入っていくことのできる力を与えられているのだなぁ

    と。

 

      児童文学作家や絵本作家のひとは、それが分かった人でないと

    なれないんだな、と。

    ほんとうの意味で、と。

    なんとなく、思い、小さく何度か頷いたわけです。

 

 

      最後はひとりごとのような

・.*  .☆゜