読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

新調

Life つぶやき




    f:id:kemikotta:20160724102246j:image


  とうとう!(*゚Д゚*)

  眼鏡を新調しました!(*゚Д゚*)


  一歳未満だった頃の怪力な娘に、私の眼鏡がバラバラにされて
  その後7年ぐらい頑張ってくれた眼鏡が、レンズに傷がついてしまい
  それでも使っていたら、視力がおかしくなって来てしまったので
  作りました。


  長く傷レンズで過ごしてきたため、視力がどうやっても 
  0.7までしか出ないとのこと。

  慣れてくれば徐々にあがってくるだろうから、と言われましたが。

  そろそろ、老眼か?と思っていたけど、実は

  若くても、若年スマホ老眼 というのが今はあるそうです。
  20~30代にあるそうです。

  まぁ、私は46歳ですから(( ´,_ゝ`) アレですけど。



        f:id:kemikotta:20160724103045j:image



        f:id:kemikotta:20160724103100j:image

  新しい眼鏡❇✴
  柄に オレンジフラワーが!
  可愛い(*´ω`*)

  色は、濃いほうのチェルシーみたいな色です。

  あぁ、あの
  『 あなたにも  チェルシー  あげたい 』の
  チェルシーです。



    f:id:kemikotta:20160724103410j:image


  奥に見える花柄は、娘8歳が前日、自力で作った
  段ボール製、お人形のお家の壁部分。




        f:id:kemikotta:20160724103555j:image


  眼鏡ケースは、めずらしく赤にしてみました。

  北東北に暮らしていますが、生まれ育ちは西日本なのでか
  年齢とともに派手を好む傾向でしょうか。

  若いときからですけどね。



  しばらくコンタクトレンズはおやすみしようかな。
  そろそろコンタクトレンズも作り替えよう゚+。:.゚(*゚ω゚*)゚.:。+゚



  かてごりぃ :  日記   眼鏡        フフフ


・.*

  


奥行きという存在

影 ・・ 陰 精神 奥行きの空間 Life



        f:id:kemikotta:20160723101840j:image


  すべて

  なにもかもぜんぶが
  ひかりであかるくみえていることに
  つかれたりもして

  あまりよくみえないっていうのも
  あっていいよなぁと

  奥ゆきの影の感触と湿度と 





      f:id:kemikotta:20160723101907j:image


  見えない領域はひつようだよ 





      f:id:kemikotta:20160723102147j:image

  光と影との境い目
  陰の縁

  明るみの物質の縁は 陰の縁
  
  奥行きにともなう極微かな明るさ




 



  ・.*

  やたら 奥行きと影の世界に気持ちが向かうわけですが
  昨日、このようなものを見て
     
   


  奥行きと影、エッジ
  気になるワードがタイミングよく目に入ってきて
  かなり前のですが、私の“薔薇のエッジと影の奥行き”
  のツイートを探してきたのでした。


  奥行きの影 という“存在”に寄せられる、というのも
  まぁ「当然だ」
  ということになり、私は目を見開いて喜びました。
  
  
  本質  


  ふむふむ (´ω`)


・.*


初夏からのラインナップ+実は

Life つぶやき 女の子

        

        f:id:kemikotta:20160721090316j:image

初夏からのラインナップ


28歳で、国内有名メーカーの化粧水やシャンプーで、顔の皮膚や頭皮がただれたりカブレたようになったときに
泣きながら調べてたどり着いた「手づくり美肌水」。

        f:id:kemikotta:20160721090921j:image

使いつづけて今年で18年目。
今は、水色の日本酒の空き瓶に入れて冷蔵庫に保管しつつ使用。

        


土地特有の極度に強い乾燥や 染毛剤でかぶれて、美肌水もダメなときには

        f:id:kemikotta:20160721090523j:image

水でタップリ湿らせたコットンに、グリセリンを1~2滴たらし、コットンを揉んでグリセリンを行き渡らせ、そのコットンで、静かにやさしく、ゆっくりと、肌を押さえるようにしてゆく。
+洗顔は水だけで。こすらず水だけが皮膚にあたるように。

普段、ファンデーションもつけないので、基本は純石鹸のアワアワで軽く洗顔 。




        f:id:kemikotta:20160721090618j:image

朝は、洗顔後に美肌水をソフトに馴染ませる➡生活の木のローズビューティフェイスオイルを2滴顔にハンドプッシュ➡また美肌水をソフトに馴染ませる。(ついでに軽くリンパマッサージすこし)

アイクリームは、バーツビーズのロイヤルゼリーアイクリーム。香りが大好き。




        f:id:kemikotta:20160721090721j:image

今回、クリームは、新入荷
マルティナのプロポリスクリーム。




        f:id:kemikotta:20160721090757j:image

パウダーは、バーツビーズの、ベビービーダスティングパウダー。

        f:id:kemikotta:20160721090830j:image

➡赤ちゃん用のボディーパウダー(てんかふ)なんだけど、粒子が粗めで、皮膚に直接つかず、産毛に乗っかるので 「粉が入り込んで皺が目立つ」という事がおきない。
産毛がふわふわにみえて、肌もやさしい感じにみえる。


 ゚   以上が    +。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚わたしの

この夏から秋にかけてのスキンケアのラインナップでした!

秋には、
ロゴナのエイジレス系のクリーム(香りも好きだし ちょっと高価)を加える予定( ´,_ゝ`)❇✴


基本、冠婚葬祭にしかファンデーションは使わないので、普段は日々 スキンケアとポイントメイクのみで過ごします。

ちなみに、りんご🍎ホッペなので
チークは無用ですo(`^´*)ドス





余談ですが(*´・ω・`)b

ユニクロのUTme! で、
Tシャツのデザインを考えて出品していますが(出品者名 kemikottaです、よろしこ)



実は!(*゚Д゚*)!

メルカリでも、ほぼ試着のみで保管していた洋服などを、夫のものと一緒に出品してます☆
(出品者名 kemiko-t )

結構、良いものばかりを出してますから
のぞいてみてくださいね(о´∀`о)ノ
はてなブログでお付きあいの方でしたら、お値引きしますけど♪


        

        f:id:kemikotta:20160721095246j:image
        こんなのとか


         f:id:kemikotta:20160721093744j:image
         こんなのや(men)


        

        f:id:kemikotta:20160721095639j:image
         こんなの


         f:id:kemikotta:20160721093843j:image
         はたまた


         f:id:kemikotta:20160721093914j:image
            さらには


       f:id:kemikotta:20160721095707j:image
           リバーシブル☆


        f:id:kemikotta:20160721094159j:image
       レアなジャージ!(men)
       

フリマアプリ「メルカリ」で販売してます⬇



お待ちしてます(* ̄∇ ̄)ノ  ciao☆

・.*


からだは慣れるもの

Life つぶやき 土の世界

        


        f:id:kemikotta:20160719181120j:image
        チビ  5才    ガブガブ乙女


  北東北の大平洋に面した、イカとホタテとホヤの街
  人口23万都市  八戸


  ここが、
  紀伊半島  熊野の海辺の温暖な土地(三重と和歌山の県境辺り)
  で生まれ育った私が嫁いだ土地であります。

  熊野で18年、東京で約15年、そして八戸で12年を過ごしてきました。
  だいたい、それぞれの土地で、平均的なバランスの年数。

  熊野に帰ると、方言はすでに3種が入り交じり無茶苦茶な感じ。



    f:id:kemikotta:20160719183230j:image
      クロ  10才  純粋で好奇心旺盛な太った男子



  八戸は、ヤマセの影響か、割りといつでも風があり
  年中、特有の強い空気の乾燥があります。
  冬も 雪も少なく、そのため雪が降りだすまでの期間は、すごく
  冷たいです。
  寒いとかじゃなく、とにかく冷たい。
 
  水分は瞬く間に凍り、道路は強く凍結。
  人々は滑って転倒し、毎年 少なくない人数の人が骨折。
  車は氷でできたワダチにはまりこみ、そこらいら中の交差点で
  あっち向いたり、こっち向いたりして停止。
  
  さらに肌は 阿呆みたい に乾燥します。
  
  なのに、古い家屋は特に寒冷地仕様になってはおらず
  冬に地面の中の水分が凍り土が膨張。
  家屋は若干 持ち上げられる。
(セメントはわからないが、古いアスファルトも持ち上がることが)
  雪解けとともに、土の中の水分が融けて地面が下がる。家もさがる。

  毎年これを繰り返しているうちに、家屋に歪みが生じて、閉まらないドアがでてくる。

  しかも、勝手口とかのドアがしまらなくなり、約1㎝のスキマができる。

  家の重みで、閉まらないドアは、開かないドアにもなる。
  真冬に強いすきま風がビュンビュン入ってくる。

  私はヒッシで段ボールを小さく切ったものを詰めて応急処置。

  しかし家主である 夫の母は言う。
「いやいや、こっちの部屋は寒いねぇ
  ┐(´д`)┌ 
  どこか開いたままになってるんでないの?」

  
  ええ!
  開いたままになってるんですけども!

  夫も言う。
  「さぶ!ι(`ロ´)ノこの部屋、どっか開いてんだろ!」


  もちろんですけど
  開いてるんだけど  ( ´,_ゝ`)   


  なんで知らない。二人とも。
  長年暮らしてる自分たちの家なのにー

  



      ( ゚д゚)ハッ!

  何を書こうとしていたんだろう。
  いつのまにか、グチが・・・・・・


  そうそう、気候や気温に慣れた、という話しでした(*´∀`)

  
  はじめて来たときは夏でした。
  
  東京の地獄のような夏を何年も過ごしてきた私は、この家の
  日差し降り注ぐソファで気持ちよく うたた寝しました。

  街にでると、晴天ながら肌寒く、長袖をきていたのですが
  街をあるく女性たちは皆、ノースリーブでスカートやショートパンツ。

  「あぁ、やっぱり夏だから、無理してオシャレ頑張ってるんだなー」
  なんて思っていたのです。


  しかし、3年も経つとわかりました。
  オシャレ頑張ってたんじゃなくて、本当に暑かったんだ彼らは、と。


  慣れてしまった体で今から東京や大阪や名古屋では
  暮らせないなー

  と、昨夜の夕飯時に、寒がりで熱がりな夫と、話してました。



        f:id:kemikotta:20160719191331j:image
        ミケ  11才   sensitiveな お嬢様


  八戸市の小学校の夏やすみは、7月22日から8月22日まで。
  
  ことしも熊野に、3本乗り換えで、9時間かけて
  娘と二人で里帰りします。


  これまでで一番つらい里帰りは、
  ①やはり娘が1歳半の時(3時間泣き通し)
  
  ②2歳半の時
(➡病み上りで娘が、新幹線のシートと 抱っこ中の私の肩に嘔吐。
  ドア付近で床にも落ちた嘔吐物を拭くたびに○号車の自動ドアが開き
  一番近い席のスーツの男性と目が合い、その度に会釈するという試練)

  ③4歳半頃、私の祖母の葬儀で里帰り
(すでに5月に里帰りが終了していたが、急きょ8月に里がえり。
  娘が極度に乗り物酔いで、泣く泣く。最終的に南紀特急の車内の床に
  完全に手足をのばしてうつ伏せに寝転がり、大泣き。
  沢山の人に気の毒な目で見られる試練)


以上、上位3位でした




        f:id:kemikotta:20160719194122j:image
        ちなみに⬆

  娘8歳が 集英社の 少女漫画雑誌りぼん の懸賞に応募して
  当選しました(* ̄∇ ̄)ノ☆イェイ



  最後までおつきあいくださり
  ありがとうございました( ´,_ゝ`)




        f:id:kemikotta:20160719194050j:image
             ガブ


・.*
  

3匹で描いてみた〆(・ω・。)

Life つぶやき アート art



      f:id:kemikotta:20160715094904j:image

  夜空流れる3匹のThank Youネコ
  (60秒イラスト)




    ふやしてみただけですが
    なんとなく、
    あったかい気持ちに゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚








  そうそう、それで

  私は、娘が小学1年のころから、彼女が四つ切の
  大きな絵を描くときには必ず、話し合ってきたことがあり
  それは

  「なんのために描くのか」「どうしてそれを描くのか」
  
  なのですが。

  なぜなら、そうすると必ず大きな山を越えて、
  絵を完成させることができるからです。


  6歳や7歳に、四つ切の画用紙はあまりに広い世界で
  何をどうやって描こうか、よりもだいじなことは
  「どうして、それを」描くのか、という強い思いだと感じるからです。

  娘は途中で、かなり手を抜いたり、パレットの絵具をきれいに
  使いきることなどに気持ちが移って、画用紙にはカスカスの
  筆のあとがついていたりしていました。

  だけど、思い出してごらん、この絵はなんのために描くのだったか
  どうして描こうと思ったのだったか

  そうすると、娘は、今までのがやはり手抜きでしたとばかりに
  猛然と取りくみ、パッと驚くような絵になってゆくのです。



  なんで急にそんなことを、かと言うと
  Twitterで、


  という言葉をきいて
  そうだそうだ、と私は自分が感じていたことは、たしかに
  自分で、納得していたものの、独りよがりかも、とも思うこともあったので
  この言葉で、そんなに間違いではなかったかも、良かった(安堵)
  と、なったわけです(*´ω`*)タハ





 

          f:id:kemikotta:20160715100930j:image


  でも、夜空を流れるThank Youネコには
  そんなに強い思いはありません(ФωФ)




だば
・。*