青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

兆し


    f:id:kemikotta:20171116090059j:image

 

 

あれから 季節がひとつかわる頃だが
わたしはまだ 神様のはなしをしている

 

季節がかわる笛のことを
知っているだろうか

 

毎年 あそこの空を南に向かってゆく
氷河色の御三方のことは
知っているだろうか

 

今年はまだ
この辺りに到着していないが
そのときには
気高い風に あなたも気づくのでしょう

 

 

゜.*

純粋な祈り


    f:id:kemikotta:20171116085437j:image

 

 

神は いない
と考えるとき

 

神は いないのだ
とおもう時 わたしは

 

もしも神がいるのであれば
もしも いるのであれば

どうぞ神よ

神よ どうぞ あなたが健やかで
しあわせでありますように

 

と 祈るのです

 

 

      f:id:kemikotta:20171116085516j:image

 

 

ただただ 恩恵を受けるための願いを

むける相手がいないのだと

ほんとうはいないのだと

 

そう感じた瞬間に
この内側から溢れてでたのは
いないはずの相手への

 

もしもいるのであれば
ただただ どこかで健やかで
おってください
という

願い

 

それだけに

 

 

゜.*

鷹山賞児童作品展 授賞式☆゜


      f:id:kemikotta:20171113174051j:image

 


      f:id:kemikotta:20171113174208j:image

 

  鷹山賞児童作品展 の 授賞式に行きました。

娘9歳は 七戸町長賞で、七戸町長さんから授与されました。

わたしも、普段まったく履かないパンプス(足がむくんでキツい)で、

足の指先や骨が死にそうになりました(*´ω`*)


        f:id:kemikotta:20171113174242j:image

 


    f:id:kemikotta:20171113174300j:image

 

 審査の講評も、展示した絵の下に置いてあり、とても嬉しい内容でした☆゜

 

 

 授賞式の後で、軽食の立食パーティがあり、娘はケーキや果物を食べ

普段は飲めないコーラを、意を決して飲んでいました。炭酸が強くて飲みにくそうでしたが。



        f:id:kemikotta:20171113175651j:image

   良い経験になったと思います(о´∀`о)

 

  

娘9歳が制作中の かるた。

どんな文がつけられているかは、なんとなくわかりますね   ⬇


        f:id:kemikotta:20171113181051j:image

 

 

 ゜.*

入賞しました ー 娘9歳の絵

 


        f:id:kemikotta:20171111130402j:image

 

娘9歳が、今年の夏休みに描いて提出した、夏休みの図画作品。

県内の図画公募(鷹山賞児童作品展 /七戸町立 鷹山宇一記念美術館 公募)に応募していたのだが

その絵が、七戸町長賞に入賞した✨

授賞式(11月11日(土))では、二番目に呼ばれる予定なようだ。

 

1年生、2年生と、同じ公募に応募して、続けて入選したのだが、

そろそろ入賞したいー、と娘も言っていた。

(3年生時はパワハラ担任の件の関係で娘のヤル気がゼロだったため絵は描かなかった。

パワハラ担任はしきりに、○○さんは絵がいいと思うんですよ!と公募を勧めてくれていたが、娘が「描いてやらない」と言って。結局描かなかった。)

 

しかも娘は今回は本当~に頑張ったから、

入賞できて良かった(о´∀`о)

 

絵のタイトルは「奥入瀬渓流の森」

審査の講評は

「写実と抽象の組み合わせで 奥入瀬の木立、木漏れ日、渓流の音、草のゆれる音、森からの合唱を聞かせる表現に、作者の独創性を感じます。」

とのことでした☆゜



入賞・入選作品の作品展は、11月12日~。

今年は、744作品の応募があり、入賞は28作品、入選は74作品とのこと。
良かったね、娘👍❤

 


        f:id:kemikotta:20171111131819j:image

           

          ⬇


        f:id:kemikotta:20171111131849j:image

 

          ⬇

 

        f:id:kemikotta:20171111131957j:image

 

最近、お正月に向けて、自作かるた を作り始めた娘9歳。


          f:id:kemikotta:20171111132038j:image

 

⬆「の」から始まるらしい

 

 

 

潜む色の重要性

 


    f:id:kemikotta:20171101211924j:image

 

  本質をみること
奥行きをみること

  底に沈み 潜み ときおりその存在を伝えるように

  ごくごく僅かに 色を光に反応させているものを

見えない色をみること

 

 


    f:id:kemikotta:20171101212423j:image

 

『含まれる 色 について』

主語は ものの姿 景色 風景

潜む色を見いだし浮かびあがらせたとき

奥行き


手触り
などが沈みこむかのように
さらに含まれる(潜む)色は底に定着する