青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

新たな意識で 2018


      f:id:kemikotta:20180101162439j:image

 

    2018年です☆゜

 

    娘っこは、もうじき10歳になります。

  わたしは、48歳になりました。

  不思議です。

  48歳になった わたしの中身は、38歳の頃の私とちっとも変わりません。

  33歳のころの私とも、28歳のころの私とも

  かわりません。

(中のひとは かわらないままだ)

 

    23歳のあの暗い青色のときの私とも

  かわらず、のままです。

 

    まだ父母が健在だからでしょうか

  だからまだ、変わらないんでしょうか。

 

    体にはっきりと老いを突きつけられていないから、まだ変わらないんでしょうか。

 

    このままだと、

  中身は永遠に変わらないでいることになる。

 

    このままだと、

  年をとるとは

  「なんだかやたらと遠くへ来てしまったなぁ」

  と、そういう感じなものになるということに。

 

    わたしの中身は、迷える子ども、のままで

  決断して決断を取り消す子どものままで

  決断らしい決断をせずに勢い走りだし悔やむ子どものままで

  何かまだ、未来に希望と時間があると、わざわざ考えないがそう認めている子どものまま

 

なのです。

 

    わたしの時間はもしかしたら、明日おわるかもしれないので

  悔い のこさぬよう

  暮らすのだぞ、と、意識するように、と

  2018年を  はじめました。

 

    やろう   やろう  描こう  

    とにかく、やろう

 

 

  
      f:id:kemikotta:20180102003423j:image

   自撮り  

  #happybirthday

  #誕生日  #48yearsold



 

      
        f:id:kemikotta:20171209025231j:image

 

庭にあるいつもの水溜まりが

空想の異世界の鍵盤楽器

という朝

 

最初の指先とは別の指先で
またその指先とは別の指先でとんとんと
優しくやさしく触れてゆくと
蒼白い小さな音をたてて
楽器は 一瞬で薄い膜になった

 

息が白く 空は青白く

空気はオブラートの氷のようだが
思考の隅に微かな異音

 

とまどいは気のせいだと
白く 青白く 境界なく広がっている
極細粒のつめたい空気を鼻から吸い込み
異音を凍らせ固めて
液体にして うんと呑み込んだ

 

氷はいつまでも青白く
息はいつまでも白く だれのものも純粋でありますように

 

『 息 』

 

 

°・*.゜

 

 

兆し


    f:id:kemikotta:20171116090059j:image

 

 

あれから 季節がひとつかわる頃だが
わたしはまだ 神様のはなしをしている

 

季節がかわる笛のことを
知っているだろうか

 

毎年 あそこの空を南に向かってゆく
氷河色の御三方のことは
知っているだろうか

 

今年はまだ
この辺りに到着していないが
そのときには
気高い風に あなたも気づくのでしょう

 

 

゜.*

純粋な祈り


    f:id:kemikotta:20171116085437j:image

 

 

神は いない
と考えるとき

 

神は いないのだ
とおもう時 わたしは

 

もしも神がいるのであれば
もしも いるのであれば

どうぞ神よ

神よ どうぞ あなたが健やかで
しあわせでありますように

 

と 祈るのです

 

 

      f:id:kemikotta:20171116085516j:image

 

 

ただただ 恩恵を受けるための願いを

むける相手がいないのだと

ほんとうはいないのだと

 

そう感じた瞬間に
この内側から溢れてでたのは
いないはずの相手への

 

もしもいるのであれば
ただただ どこかで健やかで
おってください
という

願い

 

それだけに

 

 

゜.*

鷹山賞児童作品展 授賞式☆゜


      f:id:kemikotta:20171113174051j:image

 


      f:id:kemikotta:20171113174208j:image

 

  鷹山賞児童作品展 の 授賞式に行きました。

娘9歳は 七戸町長賞で、七戸町長さんから授与されました。

わたしも、普段まったく履かないパンプス(足がむくんでキツい)で、

足の指先や骨が死にそうになりました(*´ω`*)


        f:id:kemikotta:20171113174242j:image

 


    f:id:kemikotta:20171113174300j:image

 

 審査の講評も、展示した絵の下に置いてあり、とても嬉しい内容でした☆゜

 

 

 授賞式の後で、軽食の立食パーティがあり、娘はケーキや果物を食べ

普段は飲めないコーラを、意を決して飲んでいました。炭酸が強くて飲みにくそうでしたが。



        f:id:kemikotta:20171113175651j:image

   良い経験になったと思います(о´∀`о)

 

  

娘9歳が制作中の かるた。

どんな文がつけられているかは、なんとなくわかりますね   ⬇


        f:id:kemikotta:20171113181051j:image

 

 

 ゜.*