読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

 旅

写真詩

 

もしかしたら人は

からだが老いたある時

 

年をとってしまった ではなく

 

えらく遠くまで来てしまったものだ

 

と思うのだろうか

 

老体の内には

老人は住んではいないのだし

 

・。*

 f:id:kemikotta:20150227161017j:plain