読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

  つぶやき

 

 過去に起きた凄まじい体験で

 人間性を

 細い一筋の糸でかろうじて保つような状態になるのだろう

 それはもう終わった過去なのだが 

 意識の一瞬の隙間に 凄まじい体験は再生される

 まるで「イマ  オキテイル」かのように際限なく

 それは 地獄だ

 

 ・。*

 

 f:id:kemikotta:20150303021409j:plain