読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

『AIR BRUSHING DAY!』

f:id:kemikotta:20160619113425j:plain

本日6月19日 最終日 (10時~16時30分迄)

エアー・ブラシの日!

《 坂本智史 と キスカヤ・ケニー 深潭を描く 》



昨日は、八戸市の画家 坂本智史氏と、現在は三沢市に在住の
キスカヤ・ケニー氏 / Kisskaya Kenny の二人展を見てきました。

AIR BRUSHING DAY! Art in Depth ー



ケニー氏は、気さくで、イマジネーションが豊富な人物でした。
彼は少しの日本の単語を理解していますが、基本的には
英語だけで会話されるので、躊躇しましたが、
分かりやすく話してくれているのでしょう。会話も
私の少しの単語と、彼が話す文の中の少しの単語を拾い聞きして
意外にも、感覚的な共有を得ました。楽しく話すことも
できました。


f:id:kemikotta:20160619115742j:plain


彼のアートの青色の豊富さ、美しさは素晴らしかったです。
(私は青が好きだから特にそう感じます)

多彩でとても美しい青い作品。
海洋汚染による痛みをともなうメッセンジャー
死と 冥界の神アヌビス。
さらに「影の境界」「影の奥行き」「救いがある影」の 多彩な美しさに魅了されました。



f:id:kemikotta:20160619115624j:plain


f:id:kemikotta:20160619115409j:plain

写真は キスカヤ・ケニー 氏 (Kisskaya Kenny)







そして、坂本智史氏のアートは、間近に見るとすごい迫力です。
坂本氏自身、後で気づいたのらしいですが、なぜか
3Dメガネで見ると立体に見えるという不思議。
彼は、立体アートの画家ではないと思うのですが、不思議です。


f:id:kemikotta:20160619115830j:plain


独特の色彩と、細胞よりも自分が小さくなってしまったかのように感じる作品。
緻密で、壮大でありながら原初のイメージ。
(と、私は感じる)

[f:id:kemikotta:20160619115925j:plain

坂本氏の作品も、ケニー氏の作品も、ぜひ八戸以外でも実際に見てもらえるようになったら良いと思います。




f:id:kemikotta:20160619120500j:plain

写真は、坂本智史氏と キスカヤ・ケニー氏



作品展示は
本日 6月19日が最終日です(*´∇`)ノ

八戸市 彩画堂本八戸駅 バスロータリー側)にて☆



彩画堂さんに、ヒグチユウコさんの絵具があって感激しました!
たぶん、八戸市内でここだけかも!