読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いインク壺

 日々写真詩-『妖精・精霊・詩』

我がまま

写真詩

 

唇に

そっと小指を添わせ

ミルクの中でラズベリーをつぶしたような色合いの口紅をひく

 

ほんとうは似合わないのかもしれない

だけどわたしの顔が

パッと

好きな人を見かけたときのように明るくなるから

いいの  それで

 

・。*

 f:id:kemikotta:20150226184213j:plain